「世界で通じる英語を話すために大切なこと」
・・・時制を正確にマスターする!・・・

世界で通じる英語を話すためには、言葉の並べ方の順番が正しいことに加えて、時制(今のことなのか、昔のことなのか、これからのことなのか)を正確に使う必要があります。

英語の時制は動詞ごと変化するので、うっかりミスが多くなりがちで、英語を勉強する人が最もいやになってしまうポイントの1つです。

私 食べる 夕食
と順番を正しく並べることができたら、次は、それがいつなのかが問題となります。

時制の基本的な仕組みがわかったら、例文を文ごと覚えて暗記し、音読する方法が一番早いでしょう。

いくつも例文を暗記していれば、自分が間違えたときに違和感を感じるようになります。

もうひとつの方法は、簡単な例文を作って、ひたすらそれの時制を変えてみるというひとりあそびをすることです。

I am a boy.
I was a boy.
I will be a boy.

私は男の子です。
私は男の子でした。
私は男の子になります。

というふうに、動詞を変化させる訓練をします。
さらに作った例文を音読して、体にしみこませることが必要です。