他の塾からの転塾について

最近、大手予備校や大手進学塾から転塾してくる生徒が急増しています。

大学受験の予備校はW、K、進学塾は高校受験のE、W、中学受験のS、N、など、吉祥寺にある有名な塾をやめてドルフィンに移ってくる生徒が多いのが現状です。

(両方を続ける生徒もいます)

 

ドルフィンでは大手のフォローをすることも、ドルフィンだけで受験対策をすることも、どちらも可能です。

受験生は11月からは過去問対策に特化し、類題演習を徹底的に行います。

(ニュートン算が入試に出る学校ならニュートン算の問題を片っ端から解きまくる、文学史が出る学校なら文学史をとことん覚える、など)

ただ漠然と偏差値を上げるのではなく、「その学校に受かる学力」を培うためのピンポイント授業を行います。

 

先日はある生徒のお母さまからメールで

「そちらの塾にお世話になって本当に良かったと思っています。もっと早くお世話になるべきだったと悔やまれるくらいです。」

とおっしゃっていただきました。

私も「もっと早くこの子と出会っていたかったなぁ・・・」と感じることが多い今日この頃です。

 

どんなことでも結構です。

お気軽に塾長の則竹までご相談ください。

Follow me!